スポンサーリンク

今年を「たかはし的トーナメント元年」とする。

トーナメントの話
優勝は夢のまた夢なれど
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは! たかはしです。

Twitterでも書いたんですが、Amazonとかでルアーを見ていると危険ですよね……。すごく安くなっているルアーとかがあって、思わずポチッと……。恐ろしい。Amazon怖い。でも見ちゃう。ま、まぁどうせ買うならお買い得なほうがいいからね! と自分を納得させる日々です。

さて、今回はトーナメントのお話です。

今年は積極的にトーナメントに出てみようと思っています。

H-1グランプリをはじめ、プロ以外も参加できるトーナメントが非常に盛んになっていますよね。出場者もとても多く、すぐに定員が埋まってしまう大会も少なくないように感じています。

昨年までは、ほとんどトーナメントに出たことがなかったんですが、今年からは積極的に参加してみようかな! なんて考えております。

実力的に足りていないのはわかっているのです。

とはいえ、ブログ開設以来、連続デコ記録を更新し続けている私です。実力が無いのは火を見るより明らかです。実際、これまではトーナメントというのは自分には縁のないものだと思っていました。

釣りがうまい人たちが、ガチンコでぶつかり合う舞台。自分がそこに入っていくイメージが全くわかなかったですし、悪い結果も白日の下にさらされるということで、非常に「怖い」印象が強かったです。

ブロガーさんたちのトーナメント参戦記事を読んで印象が変わってきました。

しかし、そんなイメージも、多くの釣りブロガーさんたちの記事を読んで、ちょっとずつ変わってきました。真剣に挑んでいるが、それ以上に「楽しんで」いる。そんな印象。また、必ずしも上手くなくてもいいんだよ、というメッセージを発してくださる方もいました。

特に印象深いのはカケヅカさんですね。だいぶ前の記事になってしまいますが、たとえば

【バス釣りの試合】初心者が試合に出る10のメリット | カケヅカ
自分はまだ試合で出るレベルじゃないと思ってるなら、それは逆です。試合に出る事でレベルアップになるという事を書いてみましたので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

の記事とか。これ以外にも、初めてトーナメントに出ようかな! と思っているバサーに役立つ記事をたくさん執筆されていますよね。当時から読んでいましたが、いざ自分がトーナメントに出るぞ! と思うと、改めて読み直さずにはいられないです。

トーナメント出場を通じて、確かなレベルアップを目指したい。

トーナメントに出る目的の一番は「レベルアップ」です。それはもう、間違いないです。自分の場合、すぐに投げ出してしまう悪癖があります。真剣な環境に身を置くことで、それを抑え込み、しっかりと集中して釣りに臨み、大会に臨み、レベルアップを成し遂げたいと考えています。

全然結果が出ないことが予想されますが、「なんとなく釣りをする」と「レベルアップを目指して、考えながら釣りをする」だと数年後とかにはだいぶ差が出る可能性がありますよね。そこを目指して、気持ちが折れないように頑張っていきたいと思っています。

今年の目標は……とりあえず1回は10位以内に……。

せっかく参加するからには、目標を設定すべきですよね。現状だと、どんな目標すらおこがましいところではありますが、謙虚に行き過ぎても意味がないので。ここは自分なりにはだいぶ大きく出て、「10位以内」を目指していきたいと思っています。

大会の参加人数や方向性にもよりますので、難易度は千差万別かとは思いますが、まずはわかりやすい目標ということで。宣言してしまったからには、そこに向けて頑張るのみでございます。もちろん、どの大会かは問わない、ということにしたいとは思っています( ̄▽ ̄;)

出場する大会としては、「H-1」や亀山湖のローカルトーナメントを中心に考えています。どれもレベル高いので、目標達成は著しく困難ですが、夢は大きく、目標は高く、ということで。

仕事やその他の兼ね合いもありますので、「H-1」フル参戦というのは難しいのですが、できるだけ積極的に出場していこうと思っております! 皆さんからアドバイスも頂戴できると嬉しいです。頑張るぞ!

では、また明日です!

コメント