スポンサーリンク

6月30日爆風の亀山湖釣行記。別れと出会いと帳尻合わせ。

亀山湖
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは! たかはしです。

それにしても、今年は随分と雨が降りますね……。今週も雨マークがたくさん。雨がほどほどに降るのはありがたいんですが、災害レベルはご勘弁いただきたいです……。

さて、昨日は亀山湖に行ってきましたので、そのお話をさせていただきます。

今回はおりきさわボートさんから出ました。

今回はおりきさわボートさんから出船しました。

亀山湖はたくさんボート屋さんがあって、みなさんごひいきのボート屋さんがあるかと思います。

私はつばきもとさんから出ることが多いんですが、大会があれば他のボート屋さんからも出たりしますし、場合による感じです。

おりきさわボートさんを利用したのはかなり久しぶりだったのですが、ウェブでの予約システムを含め、進んでいますよね。今回も電子マネーでお支払いいたしました。現金以外もOKというのは嬉しいところです。

4時頃に到着。まだ暗い。

日曜日の釣行ということで、早めに行かないと駐車場が埋まって大変かも……と思い、早めに家を出ました。

まだ暗い4時過ぎに現地に到着したのですが、さすがにまだ駐車場はポツポツ埋まってるかな、くらいでしたね。雨&爆風の予報の影響か、心配したほどの混み方ではありませんでした。


受付を済ませ、準備をして5時過ぎに出船致しました。

朝イチは上流へ。

私が亀山湖で釣りをする場合、つばきもとさんから本湖側へ向かうことがほとんどで、おりきさわ方面に向かうことはあまりありません。

今回は、せっかくおりきさわボートさんから出船したんだし! ということで、まずは折木沢橋を越えて、上流へ向かうことといたしました。

この段階では、風はまだそこまでではなく、どちらかというと雨がそこそこ降ってるなぁ……という印象でしたね。

気になる箇所をテキサスやスピナーベイトでチェックしつつ、上流へ向かいましたが、なにもなく。

雰囲気は良かったと思います。

途中で見えバスもいましたが、わたしにはとても釣れる感じではありませんでした。結局、上まで行って帰ってきただけでしたね……。

のむらボートさん方面に向かうも、風が強まる。

その後はいつも通り、つばきもと〜のむら〜トキタから松下を経由して笹川へ、というコースを目指すこととしましたが、このあたりから爆風が吹き荒れ始めました。

正確にいうと「たまに突風が吹く」イメージで、ずーっとそれなりに吹いているところに、一際強い風が突然吹く感じでした。

わりと波立つ水面

のむらボートさんあたりまではなんとか行ったのですが、この状態で本湖に出るのは危険だと判断して、引き返すことに致しました。

完全に全てを見失う。

おそらく、のむらボートさんあたりから引き返した段階で9時半とかそのくらいだったと思うのですが、完全に見失った状態になっていました。

風が強いからライトリグは厳しいし、さりとてスピナーベイトやらテキサスというのも自信がなく。自分のレパートリーの狭さを思い知らされます。

ポイントを選ぶにしても、どこが釣れるんだか全然わからないという、自分的亀山湖あるあるにはまってしまい、完全に迷走してしまいました。ノーバイトノーフィッシュです。

グッバイネット。強風に、なすすべなく……。

迷走したまま進んでいたとき、強い風が吹きました。その瞬間。

ランディングネット、水没( ;∀;)

エレキのヘッドにかけておいたネットが、風に煽られて落水。

ゆっくり沈んでいくネット。

慌てて取りに戻りますが、時すでに遅し。愛用のランディングネットは亀山湖の水深14mまで沈んでいきました……。

在りし日のネット。戸面原ダムにて撮影。

初めて購入したネットで、今まで愛用してきました。人生初の50アップもすくってくれた、思い出深いヤツでした。失ったのもショックですし、湖に不必要なゴミを残すようなものなので、大変申し訳ない気持ちです……。

過去にも2回くらい、風に煽られて落水したことはあったのですが、救えなかったケースは初めてです……。

以下のリンクののび太さんのように、対策をしておくべきでした……。うう……。

【便利グッズ】ランディングネットを落としてしまうあなたに!フロートストラップで簡単に沈防止してみた - Mr.NoBite 釣りリアルを求めて
ボートでバス釣りをする皆さまこんにちは(o'∀'o)/ 今日はそんな皆さまの中でも、ランディングネットを使う派の方に向けたちょっとした便利グッズのご紹介です。 「オラ、ネットなんか使わねぇ!」という方にはあまりメリットがないのですが、他のものにも応用はできるのかな!?って思います(^○^)

早上がりを決断。

「こんな日はダメだな……気を抜いてやってると危ないから、早く上がろう」ということで、異例の10時過ぎの段階での早上がりの決断となりました。

このときに考えたのはブログのこと。「あー、デコったブログを書くのは気が重いなあ……( ;∀;)」といったことを考えていました。

別に釣りウマ系ブログではないので、堂々と「デコったぜ!」と書けばいいのですが……。それでもちょっと気が重いところがあるのは事実です。

とりあえず、最後の悪あがきということで、おりきさわボートさんの対岸を攻めて終わることを決意。釣れても釣れなくても11時には上がるぞ、ということに致しました。

待望のバイト! って、あれ?

ポイントに入り、ライトキャロで攻めます。あまり風が通らないエリアなので、ライトリグも問題なしでした。

すると、すぐにコツン! という気持ちいいバイトが。すかさずフッキングをかまし、寄せてきます。なかなかの引き。でも、なんか違和感。魚が水面までやってくると……。

ん? んん??

ニゴイ先輩「やあ、ワイやで」

バスさんではなく、人生初のニゴイでした……( ;∀;)せっかく釣れたと思ったのに……。

でもまあ、ネタにはなるか……と思いつつ、釣り続行。直後のキャストミスでラインが痛んだので、レッグワームのダウンショットに変更しました。

変えてすぐにまたアタリが。疑いながら寄せてくると……またニゴイでした( ;∀;)

今まで一回も釣れたことなかったのに連発だなんて……。人生そんなものですよね。ニゴイストを襲名できるのではと思う連発劇でした。

さらにドラマが!

ニゴイ連発の後も、予定時刻までは釣り続けました。15分くらい釣り続けたときに、モヤっとしたアタリが。とりあえずフッキングすると、グイグイ引いてくれます。

「またニゴイだったらどうしよう……」と思いながら寄せてくると、水面下に顔を見せたのはバス! しかも結構でかい!!

落ち着いてネットを使ってランディング……と思ったところで、

「あー!! ネットおとしてたー!!! ネットないー( ;∀;)!!」

ということに気がつきます。よりによってラインは3ポンド。普段なら100%ネットを使う場面。まさかのハンドランディングが必要な事態となりました。

「大丈夫……ヴァンキッシュだから大丈夫……」と自分に言い聞かせながら、慎重にファイトを続け、なんとかランディングに成功しました。

とったどー!

上がってきたのは、43センチのナイスバス。口がでかくて、ランディングした段階だともうちょいデカイと思っていました。

かわいいやつめ。

せっかくだからと重さも計ると、920グラム。

大会で釣れてくれたらだいぶ嬉しいサイズでした。最後にポロっと釣れてくれてありがとう。

ちなみに、タックルは安心のワイルドサイド WSS-ST59UL+19ヴァンキッシュC2500HGS+フロロマイスター3ポンドでした。

不安がらずにやりきるべきだと痛感。

1匹釣ったあと、予定通り11時頃に終了。ネットを落としたり、初のニゴイを釣ったり、最後にナイスバスを釣ったりと、時間の割には濃い釣行となりました。

痛感したのは、「とりあえずやりきることが大事!」ということでしょうか。

自分の悪い癖なんですが、釣れない時間が続くと、何をやっても釣れない気がしてしまうんですよね……。

そんな時は半信半疑で釣りをしているので、当然結果も出ず。ますます沼にはまってしまうわけです。

そんなときは、とりあえず自信を持って行える釣りをやりきるべきですね。その方が結果に繋がりやすい気がします。

とはいえ、自信のある釣り方しかやらない、となると幅が広がらないので良くないですよね。バランスを見ながら、上手くなれるように頑張りたいと思います。

では、また次回に!

コメント