スポンサーリンク

2019年マニアックストーナメント初戦at片倉ダムレポート。奇跡的にリミットメイク。

トーナメントの話
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは! たかはしです。

本日は、先日からお伝えしておりました通り、片倉ダムで行われました「マニアックス」さんのトーナメントに参加してきました。プラなし、片倉ダムは1度しか行ったことがない上に超久々ということで、不安しかない中での参加となりました。

4時半ごろに笹川ボートさんに到着。まだ暗い。

5時半から受け付け開始とのことでしたが、笹川ボートさんの利用が超久々でいろいろ不安だったので、早めの到着をめざしました。4時半ごろに到着しましたが、まだ暗く、気温的にも肌寒い感じでした。駐車場の埋まり具合は6~7割くらい? みなさんさすがに早いですね。

受付をして、ボートをセッティング。今回は予約時に空いていた11フィートでの参戦でしたが、非常に快適でした。安定感があっていいですね。個人的には12フィートより14フィートや11フィートの方が安定していて好きです。

諸々準備をしていると、5時半になったため、大会の受け付け。その後、準備を完了させ、開始を待ちます。

6時過ぎに大会開始。何もわからないので、みんなの進む方へ。

大会の説明があり、DSTYLEの馬場さんがゲストでいらっしゃっていることを知り。帰着が13時半ということを確認して、スタートとなりました。スタート後、殆どの方はボート屋から見て左手に進んでいきました。フィールドに関する知識がほとんどないため、なんとなく自分も左手に。55ポンドのエレキでスピードも出ないので、ゆっくり進みました。水温は13度くらいだったかな。

湖の第一印象は超クリア。後から考えれば、たまたま最初のエリアの透明度が高いだけではあったのですが、普段クリアレイクに行かないため、この時点で狼狽しました。バスは見えないのにボトムが見えてる……みたいな。サイトが本当に苦手なので、かなり憂鬱な気持ちで進みました。

その後、田代方面(家に帰ってからマップをみて名称を確認しました)の行けるところまでいきつつ、ノーバイト。ここまでは、ネコリグ・ノーシンカー・テキサスで攻めてました。どれもうまくはまらない感じ。周りを見渡すと、ライブウェルが稼働している人がたくさん。「ああ、周りは釣れてるんだ……」とますますネガティブな気持ちになりつつ、釣りを続けます。

気持ちを切り替えて、「得意な場所」を探す。

ネガティブなまま進む途中、やたら人が多いエリア(トンネル南)に差し掛かります。人が多すぎて、自分が入れる感じではなかったのでそのまま通過しましたが、その間にも何人かが釣れていました。

このあたりで「バスの活性が低いわけではないはずだから、自分が釣れる魚を探そう」と気持ちを切り替え、「自分が良いイメージを持てるエリア、得意な条件のエリア」を探すことにしました。

進んでいくと、もとよしさんの先あたり(上流域)で水深が2m程度で立木が絡んでいるエリアを発見。直感的に好印象をもち、レッグワームのダウンショットを投入。すると、1投目からバイトが。上がってきたのは30cmくらいのバス。

このとき9時37分。急いでライブウェルに水を張って、キープ。これでウェイインできる! と喜びつつ、釣りを続行します。

次のキャストでも同じようなサイズが連続でヒット。

これで2匹目。リミットが3匹なので、「リミットメイクできるかも……!」とドキドキし始めます。このとき9時41分。

その後も同じエリアで釣り続けると、さらにもう1匹、同じようなサイズがヒット。これでめでたくリミットメイク。

とはいえ、反応が悪くなってきている感じがあったため、一旦そのエリアを離れ、さらに上流をチェックしに行きました。このとき9時58分。

1時間後に戻ってくると、またしてもバイト。でも、全部同じようなサイズ……。

上流を一通りチェックして、釣れていたエリアに戻ります。やはり数投でヒット。しかし、上がってきたのはまたしても同じようなサイズ……。

これがトーナメントでなくて、普通に釣りに来ていたならば、このエリアで粘っていたと思います。しかし、せっかく大会に出ているんだから、サイズアップを狙いたいところです。テキサス一本でカバーを撃つことに決め、釣れ釣れエリアを後にしました。このとき11時8分。

あんましイメージに合うカバーがない……。しかもバッテリーが弱ってきた。

1時間程度、目につくカバーを撃っていきますが反応なし。このあたりでバッテリーが弱ってきました。予備のバッテリーに交換しましたが、そちらもすぐに弱り始め……。大がかりなエリア移動は厳しくなってしまったため、帰着を目指しつつ途中のポイントを攻めることに。

しかし、反応はなし。バッテリーも心配だったので、余裕をもって13時15分ごろに帰着いたしました。

検量。1キロちょっと。

検量をすると、3匹で1キロちょっと。正確な数字は覚えておりません。3匹とも似たような感じで細かったので、自分の予想よりもさらに低めのウェイトでしたね。その後はバスをリリースして、片づけをしつつ結果発表を待ちました。

結果は13位? だったかな?

例によって正確な数字を覚えていなくて恐縮なのですが、たしか13位かなんかでした。「たかはしさん」と呼ばれたときに、「自分か? 他にもたかはしさんいるのか??」なんて思って出遅れたりしたこともあり、記憶が曖昧なのです(笑)。なんにせよ、個人的には大健闘だと思います。ほぼ初めてのフィールドでぶっつけという条件で、自分のスキルを考えたら上限いっぱいでしょう。あともう少しでシングルだったかも、というのだけはやや残念ではありますが。

表彰式の後は豪華賞品をかけたじゃんけん大会がありましたが、お野菜一つをいただいて終了でした。

ヒットルアーはレッグワームのミミズカラーのDS。

上でも書いた通り、ヒットルアーはレッグワームのダウンショットでした。シンカーは2.5gで、カラーはキャスティング別注からのミミズカラー。動かし方は軽くシェイクしながらのずる引き。普通ですね。

タックルはワイルドサイドのWSS ST-59ULに19ヴァンキッシュC2500HGS、R18フロロリミテッドの3ポンドでした。自分用の備忘録として書いておきます(笑)。

Amazon | シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2500SHG | SHIMANO(シマノ) | スピニングリール
シマノ(SHIMANO) リール 19 ヴァンキッシュ C2500SHGがスピニングリールストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

終了後も楽しかったです。

今回、カケヅカさん萩原さんにお会いできて、色々お話が出来て楽しかったです! 今まで釣り関係のお知り合いの方が全然いなかったので、素直に嬉しいです。ブログやっててよかった。ただ、お二人と話していると、自分の釣り人としての「浅さ」を痛感せざるを得ませんね。精進せねば。お二人とも、ありがとうございました! また是非に!

いやー、釣り楽しい。トーナメント楽しい。もっとうまくなりたいな。頑張っていきます。

では、また明日に!

コメント

  1. […]  たかはしバスブログ2019年マニアックストーナメント初戦at片倉ダムレポート。奇跡的にリミットメイク。https://takahashi-bass.com/archives/2019%E5%B9%B4%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3% […]